HGシリーズ

投稿者:

数あるガンプラシリーズの中、この度紹介するのが、ガンプラ10周年記念企画として1990年から売り出しされた、“HG(ハイグレード)シリーズ”

HGシリーズ売り出し前の“旧キット”と相違、多色成形の構成部品とシールによって、『塗装しなくても完結する』をテーマに登場しました。

1998年に当時の最新成形手並みと可動ギミックを導入して創られたHG“グフカスタム”が発端になり、宇宙世紀のMS(モビルスーツ)をあらためてキット化するシリーズ企画HGUC(UCというのはユニバーサルセンチュリー)、ガンプラ35周年記念にあたる2015年には新生REVIVEと次々と向上を遂げているシリーズです。

このHGシリーズの大きさは1/144。

近年ではイロイロなシリーズが有りますが、このHGシリーズが断トツでMS・MAの部類が沢山。

価値は、おおよそ500円?3000円代、大きなのキットになれば価値も上がりますが、比較的手頃

創りやすく、完結度もそこそこに高い。

初心者ビルダーにおススメ出来るグレードです。

ただHGの評判は初心者ビルダーではなく、中級者、上級者にも評判が高い。

容易に組み立てられるガンプラだが、そこにちょっと手を加えて改造をしていくのだ。

幾つかのキットを合わせて一つの機体を創るミキシングビルド、別売りの構成部品を使ったりと、手を加えて既存のキットというのは違うオリジナルの機体を創るのに、キットで表現されない部位を再生するのに、部類が多く、価値が安いHGシリーズが重宝されているのです。